積和不動産の分譲住宅 MAST STAGE

確かな品質、より心地よい、新しい生活へ。

メニュー

閉じる

設備・仕様
Amenity

積水ハウスグループのノウハウを活かした、
確かな品質で、住まう方が安心して暮らせる快適な家づくり。

マストステージ/マストシティシリーズ共通の標準仕様をご紹介。

住み続ける家だから。 より耐震性・耐久性に優れた家づくり。

マストステージ/マストシティシリーズでは、
木造軸組工法に、2×4工法の良い点を取り入れることで、
地震や台風にも強い、住まう方がより安心して暮らせる家を実現しました。

01.耐力壁・柱の強さ
02.床の強さ
03.柱と基礎の緊結(基礎と柱の連結の強さ)


マストステージ/マストシティシリーズの耐力壁・柱の強さ

2×4の利点を取り入れた構造用合板による壁の強さ、
そしてさらに強度の高い骨組みの採用

マストステージ/マストシティシリーズでは、壁に構造用合板を採用しています。2×4と同じように家にかかる外部からの力を壁面全体に分散させることができるようになり、それにより、地震や台風に、より強い家となりました。さらに、筋交いを用いることで2×4工法よりも高い剛性を実現しました。重要な柱には2×4工法で利用しているムク材よりも強度が高く、構造の安定性が高い(経年による狂い・ソリ・ゆがみが生じにくい)集成材を用いることで、耐久性を向上させています。

※集成材もF☆☆☆☆(フォースター:ホルムアルデヒドの拡散量が最も少ない最上位区分)を採用。健康への配慮も怠りません。

※2×4工法の利点を取り入れた、外部からの力を壁面全体に分散させる、より強度が高い工法を採用しています。
(※ 高強度構造用耐力面材使用により、筋交いを使用しない場合があります。)

機能性とデザイン性を両立させたマストステージシリーズ

2×4工法では構造上の制限により実現することが難しかった間取りの自由度、デザイン性も、軸組み工法の利点を活かすことにより実現

敷地を効率良く活かしたプランニング

2×4工法では、箱形構造といわれる、箱と箱を連結させる工法により家を作るため、箱と箱の間には耐力壁があり、耐力壁線(耐力壁の通り)上の開口部には、必ず下がり壁が必要となります。下がり壁により、大きな開口部が作れない(大きな窓やドアが作れない)、下がり壁を隠すために天井を低くする、下がり壁が目立たない間取りを選択せざるを得ない等、構造状の性質により、選択できるプランに制限が発生することがあります。 軸組み工法では適切な構造計算によるバランス良い耐力壁を計画的に配置することで、2×4工法では実現し難い、間取りの自由度と強度を両立させることを可能にしました。それにより、敷地をより効率良く活かした建物の設計等が可能となります。

同じ間取りを軸組み工法・2×4工法で比べた例(下がり壁概念図)
2×4工法では、耐力壁線(耐力壁の通り)上の開口部には必ず下がり壁が必要となります。間取りによっては、下がり壁を隠すために天井部を低くしたり、下がり壁が出ないような間取りを選択せざるを得ないなどの影響が出ます。

梁の太さを活かしたインテリアデザイン

2×4工法は細い柱を格子状に張り巡らす工法のために梁が細く、見える場所に出すと、ごちゃごちゃして見える、また、頼りなく見えてしまう等、見た目が悪くなるため、梁を見えないように隠すことが一般的です。
軸組み工法であるマストステージ/マストシティシリーズの柱は太いため、機能性とデザイン性を両立させた、梁の太さを活かしたインテリア空間のデザインが可能です。
柱の太さをそのまま活かし、構造上で必要な柱をインテリア空間の一部としても活かすことが出来ます。

マストステージ/マストシティシリーズの床の強さ

2×4工法の強い床構造の概念を軸組み工法に取り入れた、
強固な床構造、剛床工法を1階・2階ともに採用

いくら壁・柱が強くとも、床の強度が低いと外部からの力で家はゆがみ損傷します。マストステージ/マストシティシリーズでは、1階・2階の全フロアの床梁りの間に梁を配置し、その上から24mm厚の構造用合板を直接止め付けています。床を1つの面として一体化させることで、外部からの力によるゆがみにも非常に強く、耐震性・遮音性にも優れた床にしました。

床を1つの面として一体化させることで、ゆがみにも非常に強く、耐震性・遮音性にも優れています。

外部の力に床が耐え切れずゆがんでしまうと、どんなに壁が強くても、壁に均等に力を分散できなくなり、部分的に負荷がかかるようになるので家全体が変形したり、床自体が損傷することも・・・

遮音性を高めた吊り天井を採用

2階床から1階の天井を吊り、2階床と1階天井の間に空間を作り2重構造にした吊り天井を採用することにより、上下階の遮音性を高めています。また、地震等で壁紙等が損傷することを防ぐように、野縁(吊り木)の間隔を通常(455mmピッチ)よりも狭く(303mmピッチ)することで、揺れによるゆがみを軽減しています。

吊り天井概略図
上階の床、下階の天井の間に空間を作り2重構造にすることで、遮音性を高めています。

マストステージ/マストシティシリーズの基礎と柱の連結の強さ

地震や台風などで、外部から力が建物に加わったとき、柱が基礎から抜けると、建物は一瞬で崩壊します。マストステージ/マストシティシリーズでは、基礎と土台・柱をつなぐ金具にもこだわりました。プレカット工場でのコンピューター管理のもと、地震の横揺れで建物が基礎から引き抜かれることのない信頼性の高い金物を採用しています。又、柱の上下(土台と梁)との緊結方法(接合金物の選定)、ホールダウン金物・アンカーボルト等の設置位置を確定しています。柱を支える重要な部分なので、徹底した現場管理のもとで高精度な施工を行っています。

家の耐久性に大きく作用する 外壁通気工法を採用

木造住宅(軸組み工法、2×4工法を含む)では湿気が最大の敵となります。湿気は壁の中で結露となり、その結露で柱等がいたみ躯体(くたい)の強度が落ち、構造体に悪影響を及ぼすことがあります。
マストステージ/マストシティシリーズでは、外壁と防水シートの間に空気層を作り軒裏・屋根の上に空気を逃がす、空気の流れで壁内を乾かす外壁通気工法を採用しています。外壁通気工法の採用により、湿気や、万が一水が入り込んだ場合でも、空気の流れで乾くため、柱等が傷むことが無く、家の耐久性が保たれます。

強度をより高める 接合金具、金物工法の採用

強度をより高めるために金物工法、または、構造材の接合部に各種の接合金物を採用しています。例えば、住まいの骨格となる構造体を、特殊な金物で揺るぎなく接合する金物工法や、台風や竜巻・突風などの強風でも屋根が吹き飛ばされないように垂木と壁部をしっかりと固定するハリケーンタイの採用、2階床裏コーナー部に床組の剛性をより高める火打ちを用いるなど、台風や地震といった大きな外力に対しても耐える強度を追求しました。

※物件により仕様は異なります。

耐震性や耐久性に優れた 基礎、鋼製束

マストステージ/マストシティシリーズでは、全ての敷地で地盤調査を行い、地盤の性質に合わせて適切な基礎や補強工法を実施しています。
基礎には、建物下部全面に鉄筋コンクリートを配したベタ基礎と、連続した鉄筋コンクリートによる布基礎を採用しています。強固な基礎構造が建物の加重を支え、地震などの外力に対応します。
床下に換気口を設ける工法に比べて効率的な換気を実現し基礎の強度を損なわない基礎パッキン工法を採用しています。床下には、腐らず・メンテナンス性・強度にも優れ、シロアリの心配も無い鋼製束を採用しています。
大事な住まいを支える基礎部分も、安心できる品質にこだわりました。

暮らしに安心を。ご家族の健康・安全に配慮した設備仕様

大事なのは、ご家族が元気でいられること。マストステージ/マストシティシリーズでは、
住まう方が安心した暮らしができるように配慮し素材、設計、設備にもこだわりました。

  • シックハウス・
    ホルムアルデヒド対策

    シックハウス・ホルムアルデヒド対策に、全ての内装建具にF☆☆☆☆(フォースター:ホルムアルデヒドの拡散量が最も少ない最上位区分)を使用しています。また、24時間換気システムにより室内に新鮮な空気を取り込みます。

  • セキスイ新素材畳「美草」

    和室には、ダニ・カビが発生し難く、小さなお子様やアレルギーの方にも安心な畳を採用。シックハウス症候群に関わるホルムアルデヒドなどの物質を使用せず、8年間色変化がほとんどなく、キレイで長持ちする新素材畳を採用しています。

  • 勾配を緩やかにした
    階段・手すりの設置

    階段の勾配を45度以下とし、緩やかな階段にしました。また、安全性に配慮し手摺を設置しています。

  • 段差を極力おさえた
    フルフラット構造

    和室、水回りを含め段差をおさえたフルフラット構造。また、浴室・玄関に手すりを設置しています。

  • 防犯ガラス・サブロック・シャッター

    引き違いサッシにワンタッチで施錠できる補助錠サブロック、1階の窓・サッシには雨戸シャッター、または防犯ガラスを採用し、防犯性を高めました。

  • 来訪者を確認、
    モニター付インターフォン

    来訪者を声だけでは無く、目でも確認できるため安心です。

快適な生活を支える仕様。

住み心地が良い、快適な生活は、日々の暮らしを豊かにします。マストステージ/マストシティシリーズでは
積水ハウスグループのノウハウを活かし、役立つ機能を随所に搭載しています。

  • 全窓に遮熱複層ガラスを採用

    遮熱複層ガラスは屋外側のガラスにコーティングされた特殊金属膜の効果で、夏の強い太陽熱を遮断、冬は室内の暖かい空気を外に逃がしません。断熱・遮熱性能が高く冷暖房に必要なエネルギー量が減るためCO2削減にも繋がります。結露の軽減や、紫外線の侵入を防ぎ家具やカーペットなどの色あせを防ぐ効果もあります。

  • パイプスペースの遮音

    水が流れる音を軽減するため、断熱材や石膏ボードの二重貼りよりも遥かに高い遮音性能を持つ、鉛繊維入り遮音シートを採用。また、パイプスペースは極力、居室に隣接しないようにプランニングしています。